ワーキングホリデーの利用

ワーキングホリデーで世界一周

ワーキングホリデーの特徴

ワーキングホリデーは国と国で協定を結び相手の国で、1年間の休暇を過ごすことが認められるビザです。
取得には条件があり、対象年齢は多くの国では18歳から30歳で、他にも国ごとに違いがある為確認が必要です。
滞在期間中は学校へ通ったり、働くことも可能です。
学校へ通える期間は、国によって違いがあり、オーストラリアでは4か月以内、カナダでは6か月以内、就労期間についてもオーストラリアでは同一雇用主の下では最長6か月までですが、ニュージーランドは入国した日から12か月間認められています。
このビザは休日を過ごすことを目的としている為、仕事をする為であったり、学校へ通うことを目的としたい人には向きませんが、その土地の文化に慣れ親しむにはいい制度であるといえます。
注意点としては、働く先がうまく見つかったとしても、それだけでは生活費をまかなうことは出来ません。
そのため前もって十分な資金を用意しておくことが必要です。
ワーキングホリデーでは充実して過ごすためにも、どこに旅行へ行きたいか、滞在したいかなど前もって計画しておくといいでしょう。
また必要な手続きや準備などもガイドブックやインターネットサイトなどを通じて調べることもいい方法です。

ワーキングホリデーを上手に利用する

ワーキングホリデーとは海外滞在時に働くことの出来る制度のことです。
通常の海外旅行などでは現地で就労することは出来ません。
しかしある程度の期間の滞在を許可して、滞在国の文化や生活様式を学ぶためにこの制度は設けられております。
この制度は全ての人が利用できるわけではありません。
条件としては日本と協定を結んでいる国に対してのみ有効で、18歳から30歳の人が対象となります。
期間は1年から2年の長期滞在が可能ですので、語学を修得するためには充分な時間が設けられております。
また語学学校に通うだけでなく仕事に就くことによって、さらに習熟度が増すことも期待出来ます。
ワーキングホリデーを活用する際に注意しておかなければいけないこともあります。
学校に通える期間が4ヶ月に制限されています。
それ以上の期間学校に通う場合には学生ビザが必要になりますが、学生ビザの場合も働くことは可能ですが週20時間以内のパートタイムに限定されます。
ワーキングホリデーではフルタイムで働くことが可能ですが同一雇用主の下では6ヶ月までしか働けないという規定もありますので、注意が必要です。
このように語学を修得する、仕事に就く、文化を学ぶと言った点では学生ビザと似ている側面もありますので、状況に応じて2つのビザを使い分ける、あるいは2つのビザを継続して利用するなど上手く利用することが大切です。

recommend

骨董品買取を名古屋で依頼

パーソナルトレーニング 品川

オール電化の設置を横浜で予定している

2018/6/14 更新

COPY RIGHT (C) ワーキングホリデーで世界一周 ALL RIGHT RESERVED